約束のネバーランド|アニメ版第三話【ネタバレ】

こんにちは!カガタクです。

 

『約束のネバーランド』アニメ版第三話のあらすじと感想です。

本記事にはネタバレが含まれております!

未視聴の方はご注意ください!

 

第三話『181045』あらすじ ※オチ含む

クローネが現れたことで、監視が増えてしまったハウス。

大人が増える事は予想外だったが、うれしい誤算もあった。

 

レイを加えて三人で脱獄計画をたてる事になったエマたちだが、

まずは赤ん坊のキャロルから手術痕を探し、

発信機のありかを見つけようと試みる。

 

この試みは見事成功し、エマはキャロルの手術痕から、

発信器の大きさと埋められている場所を特定することに成功。

 

次の課題は「フルスコア」三人以外の、逃走能力の強化である。

そのための訓練は、全力の鬼ごっこで行う事に決めた。

新しくハウスに来たばかりのクローネは、

フルスコアの能力を確認するためにこの鬼ごっこに参戦する。

 

鬼ごっこはノーマンとレイが見事に逃げ切り、子供たちの勝利。

クローネは、イザベラの育てフルスコアの能力に驚愕する結果となった。

 

その後、数日が経過。

エマ・ノーマン・レイの三人は、

ママとクローネの監視の目が緩んだことに違和感を感じる。

 

あれだけ干渉してきたママが何もしてこない。

何もしてこない=何もする必要がない

そう考えた三人は、子供たちの中に内通者がいると気づくのであった。

 

第三話の見どころと感想

私が選ぶ第三話の見どころは、

クローネが参戦した鬼ごっこのシーンです。

これは、「フルスコア VS クローネ」での実力の探り合いになりました。

 

ハウスの秘密を知られたイザベラを失墜させ、

ママの座を奪いたいクローネ。

「上」に報告するには、秘密を知った二人の子供を特定する必要があります。

 

クローネは子供を特定できたら即密告・即出荷のつもりなので、

ここでばれるのは非常に危険でした。

実際に「収穫」の話で揺さぶりをかけられたエマは、かなりやばかった。

 

最終的にクローネは、特定までは至らず。

エマ・ノーマン・レイ・ギルダ(眼鏡の女の子)の4人にしぼり込みましたね。

 

大人が増える事はエマたちにとってマイナスですが、

イザベラの邪魔をする、イレギュラーな存在はラッキーでもあります。

今後、どんどん場を乱して欲しいものです(笑)

 

一方、鬼ごっこに勝利した子供たちにも収穫はありました。

お互い本気ではなかったですが、

レイとノーマンの戦略が通用したことです。

 

ある程度の実力がわかっただけでも、今後の訓練に活きてきます。

クローネの怪力とかはびっくりですけど(笑)

木とか破壊してましたものね。

 

鬼ごっこでの一番のポイントは、最後の場面。

 

タイムアップを告げるレイが、

クローネの背後からタッチしていたこと。

 

これは、

クローネの背後をとれる=後ろから攻撃できる

ということになります。

 

エマは反対すると思いますが、

いざとなればクローネを殺すことが可能という意味です。

 

ほんと、超優秀な子供たちですね。

それを育てたママの実力はどんだけ~?なんですかね?

出荷さえなければ、通ってみたいもんです。

 

物語は内通者がいる可能性も出てきて、

これから一体どうなってしまうのか?

今後も目が離せません!

 

第四話へ続きます。

スポンサーリンク