学びを結果に変えるアウトプット大全|本を読んだ後は行動しよう。

こんにちは!カガタクです。

 

『人生を変えるのは、、アウトプットだけ』という、

著者の考えをもとに書かれた本。

『学びを結果に変える アウトプット大全』 著:樺沢紫苑

 

私のアウトプットの教科書をご紹介します。

アウトプットに関して、これ一冊でも良いんじゃないか?

というくらい詳しく書かれています。

どんな人が書いた本?

著者は精神科医であり作家でもある樺沢紫苑先生。

「日本一、情報発信する医師」として活動しており、

SNS、メルマガ、YouTubeなどで、累計40万人以上に情報発信しています。

さらに、月に20冊以上の読書を30年以上続けている読書家でもあります。

 

一言でいえば、インプットとアウトプットの鬼です。

どんな内容の本?

項目は大きく分けて5つ。

書かれている項目
  1. アウトプットの基本法則
  2. 科学に裏付けられた、伝わる話し方
  3. 能力を最大限に引き出す書き方
  4. 圧倒的に結果を出す人の行動力
  5. アウトプット力を高める

 

上記の項目に沿った、合計80の実践法が解説されています。

基本2ページ完結でどこからでも読め、

図解入りで読書が苦手な方でも読みやすいと思います。

 

学ぶ ⇒ そして行動する

私はこの本に出会うまでは、

読書をしたらそれで終わり。次の本に取り掛かる。

というような、インプットに偏った勉強をしてきました。

インプットを活かす効果的なアウトプット方法を全く知らなかったのです。

 

しかしこれではただ本を読むだけで全く意味のない、

自己満足の時間浪費をしてきたことに気づき、それから行動を変えました。

今は読書ノートをつけ、得た情報を積極的に発信しています。得た知識を使う事が楽しいです。

(情報の入力後、2週間以内に3回以上アウトプットするのが記憶定着に効果があるそうです。)

 

皆さんも、面白かった映画や本の話を友達にしようとしたら、

「内容を思ったよりも思ったよりも覚えてなかった。」

「相手にうまく伝えられなかった。」

そんな経験はありませんか?

 

もしかしたら、インプットではなく、アウトプットの仕方を間違っているかもしれません。

 

この本には日常で使える様々なパターンのアウトプット実践法が載っています。

あなたに役に立つ方法もきっと見つかるはずです。

 

「自分の意見をうまく伝えたい」

「仕事や勉強の成果をもっと出したい」

 

そんな方にお薦め。

一度、手に取ってみてはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク