死ぬこと以外かすり傷|何かに迷っている時はぜひ読んで欲しい。

こんにちは!カガタクです。

 

「元気を出したいとき」

「新しい事にチャレンジする勇気が欲しいとき」

「仕事のモチベーションを上げたいとき」

 

皆様は、どんな方法でやる気を出しますか?

 

私の場合は、読書をすることが多いです。

ノウハウ本で不安を取り除いたり、

破天荒なキャラの物語を読んで、パワーをもらったり。

 

もし今あなたが前に進む勇気が欲しい状況ならば、

ぜひご紹介したい本があります。

それがコチラ

『死ぬこと以外かすり傷』 著:箕輪厚介  幻冬舎

 

この箕輪厚介さんですが、

創刊1年で100万部以上突破の『NewsPicks Book』の編集長。

今もなおヒット作を連発している凄腕編集者です。

その方の活動と思想を綴った作品。

 

この本、とにかく熱い!熱すぎる!

箕輪さん自身の情熱がそのまま本の中に閉じ込められています。

書かれている言葉に刺激され、自分の心に火が付くのが実感できる。

とにかく、今すぐ動かねばという気にさせてくれるはずです。

 

本の中で箕輪さんは、

失敗を恐れずドンドン行動しようというメッセージを、

自身の体験をもとに伝えてくれています。

 

タイトルそのまま、生き方が「死ぬこと以外かすり傷」の精神なのです。

 

私の考える、出会って良かった本とはズバリ、

「自分にとって気づきがあり、行動が変わる本」

です。

 

この「死ぬこと以外かすり傷」は、間違いなく読んだ人の行動が変わります。

しかもそれは小難しい考えや、目からうろこのノウハウによってではなく、

箕輪さんの熱狂に煽られてです。

それくらい熱くて、スピード感がある。

 

「努力は夢中に勝てない」

文中に出てくる、私の一番好きな言葉です。

 

フリーランスになった私は、

この言葉にものすごく励まされています。

勇気をもらっています。

好きなことを、夢中でやる。

 

もしも、今あなたが何か決断を迫られて、

判断に迷っている状況ならば、この本を一度手に取ってみてください。

きっと背中を押してくれると思います。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク