イヤイヤ期|魔の2歳について考えてみる。

こんにちは!カガタクです。

突然ですがうちの息子が今、2歳9か月なんですよ。

 

そう!イヤイヤ期の真っ最中なんです。

 

様々な方が対処法を書籍やSNSで発信してますが、

ここでは私なりの考えや対処法を書かせていただきます。

我が子が怪物に変貌するイヤイヤ期

「お風呂入らない!!」

そう!それがイヤイヤ期!

 

「お風呂出ない!!」

左様!それがイヤイヤ期!

 

「服着たくない!!」

うむ!それがイヤイヤ期なのです。

 

何か行動を起こすたびに母親VS息子のバトルが勃発し、

家庭内に嵐が吹き荒れる。

おさまった頃には親がヘトヘトに疲れ切り、

そして息子は何もなかったかのようにケロッとしている。

 

何とかすべく対処法をさがしてみる

ネットや本でイヤイヤの起こる原因を調べ、

いくつかの対策を実行してみる。

 

《 対処法の例1 : 子供に選択肢を与える 》

親  『〇〇くん、赤と黒のズボンのどっちがいい?』

息子 『嫌だ!どっちも穿かない!』

親  『じゃあ何色がいいかな?』

息子 『ズボン穿かない!』

親  『・・・・・。』

 

《 対処法の例2 : 親が姿を隠して注意を向けさせる 》

親  『〇〇くん、お風呂入るよ~』

息子 『嫌だ!入らない!』

(服を脱がす、脱がさないでひと悶着。)

親  『じゃあ、先にお風呂入っちゃうからね~』

(親が脱衣所に姿を隠す。息子は泣いている。)

(息子、一人になったことに気づくも、気にせずそのままおもちゃで遊びだす。)

親  『・・・・。』

 

そのほかいくつかの対処法を試すも、うちの息子には効果がない。

これ多分、何とかするの無理じゃないですか?

 

何とかできないなら開き直る

ということで、結局、

「カガタク、何とかするのやめるってよ。」

という結論に至りました。

 

だってそもそも、

2歳児に大人がどうこう言っても通じる訳ないし(叩いたり、モノを投げたりは叱りますが)、

何とかしようとするから余計にイライラしちゃうし。

メンタリストじゃないから、相手の心は操れないし。

 

ならば、この問題は大人側がなるべく心の余裕を持てる状態を保ち、

イヤイヤ期を乗り越える方法を探す方がいいような気がします。

 

子供といえど他人、相手の感情はコントロール出来ないですけど、

自分の感情ならコントロール出来る。

 

今は辛いですがいつか終わりますし。

80歳になってもイヤイヤが終わってない、っていうおじいさんに会ったことないですもの。

 

結局、何が言いたいかというと、

『頑張りすぎないで心に余裕を持つ』

ということです。

 

親は誰しも、我が子は可愛いし、良い子に育って欲しいと願うもの。

でも、私はいつのまにか、

「親の言う事をよく聞く、扱いやすい子」

を育てようとしている事に気が付きました。

 

でも、このイヤイヤも息子の成長には必要な事だと信じ、

数多くのいたずらも好奇心を満たすには必要な行為だと思う事にしたのです。

 

今は息子のイヤイヤを、

「いいぞ、もっとやれwww」

と、楽しめるようになっています。

自分に余裕があれば、許せることも増えると思います。

 

親はもっとラクしていい

イヤイヤに付き合って家事の時間が削られるなら、

床の掃除はルンバ様に任せればいいし、

洗い物は食器用洗浄機様、洗濯は全自動洗濯機&乾燥機様にお願いすればいいんです。

ご飯だって大人は弁当、子供はお子様用レトルトカレーでもいいじゃないですか。

 

家事&育児のストレスでノイローゼになったり体調を崩してしまったら、通院費や薬代も掛かります。

さらにお金に換えられない「今しかない我が子と一緒の時間」を楽しめなくなってしまいます。

そう考えたら家電への投資なんて安いものです。

 

無理に全てをキッチリやろうとするから疲れるし、ストレスも溜まる。

そもそも、子供を育てるという行為自体サボれないんだから、

他のことでラクしましょうよ?

 

育児に正解は無いと思うので、

「とりあえず」

我が家はこんな感じでやってます。

 

似たような事で悩んでる方の心が少しでも軽くなればいいな。

そう思いながら書いてみました。

 

以上です。

 

スポンサーリンク