小麦粉粘土|準備は簡単。お家で楽しもう。

こんにちは!カガタクです。

 

先日、息子の通っている保育園で「親子レクリエーション」なるものが行われたので、

それに参加してきました。

レクで小麦粉粘土を初体験したので感想を書いてみようかと思います。

小麦粉粘土とは、その名の通り小麦粉で作った粘土です。

作り方はいたって簡単。

おうちにある小麦粉に水を加えてこねるだけです。

 

お好みで手触りを良くするためにサラダ油、防腐剤代わりに塩を適量入れる。

色をつける場合は食紅で着色します。

赤だけじゃなくて、黄色とか緑なんかもあるんですね。

ただ単純に粘土を作るだけならこれらは無くても問題ないです。

 

全て食品を使用しているので、お子様が口に入れてしまっても安心。

油粘土のように臭くないのもいいです。

 

しかし一つだけ気を付けることがあって、小麦粉粘土はすぐ腐ります。

お家でやる時にはここだけ注意してください。

今回作ったものの写真を撮ろうとしましたが、すでに痛んでて無理でした・・・。

 

さて、この日のレクは土曜日の朝9時に保育園集合。

最近夜型の生活をしている私は、半分寝ながら保育園に着きました。

参加した園児は15、6人と保護者が20人くらいかな。

 

各テーブルに分かれて親子で粘土をコネコネしました。

テーマは「お弁当」です。

 

もう、めちゃくちゃ楽しかったです。

粘土をこねている時間は一時間くらいでしたが、あっという間に感じました。

最初は子供のためにいろいろ作っていましたが、

やっているうちにどんどん創作意欲が湧いてきてしまいまして(笑)

 

「リアルな餃子作ってやる!」

とか思って、餃子の中身から作りだす始末。

 

「今日はお父さんに任せるから」

と言っていた嫁も、いつの間にかおかずを作ってましたよ。

周りを見渡したら他の家族も同じでした。

みんな、親の方が真剣(笑)

 

たまにはいいですよ。粘土。

 

粘土で何かを作ること自体楽しめたのですが、

「何が出来るでしょう?」とクイズを楽しんだり、

「お父さん〇〇つくって~」とリクエストされたり、

作る過程での会話が弾んだのも良かったです。

 

終わりの時間には、息子がまだやりたいと駄々をこねて大変でした。

よっぽど楽しかったみたいです。

お父さんもまだ粘土をこねていたかったよ。息子よ。

 

ほんとに親子ともども楽しめたので、

今度自宅でもやろうと思っています。

お父さんは次は恐竜を作りたいなぁ。

 

雨の日のおうち遊びなんかにも最適ですので、

お子さんがいらっしゃる方は一度試してみてはいかがでしょうか?

お手軽にできるし、お子さんもきっと喜ぶと思います。

 

少しでも皆様の参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク