ベネフィット・メリットとは?|超簡単マーケティングの基礎

こんにちは!カガタクです。

 

今回は、基本的なマーケティング用語、

「ベネフィット」についてお話します。

 

このブログで

「ベネフィットとは?」

「ベネフィットとメリットの違いって?」

という疑問が解決できます。

 

これを理解するだけでビジネススキルがグッと上がるので、

知らない方はぜひ読んで頂きたいです。

 

ベネフィットとは?

ベネフィットとは、

「顧客がその商品やサービスを利用することによって得られる効果」

のことを指します。

 

例えば、ジムに通うAさん。

彼は何のためにジムに通うのでしょうか?

 

「会員になりたかった」

「マシンで運動するため」

ではないですよね?

 

Aさんはトレーニングすることによって得られる、

スリムな体型やマッチョな肉体が欲しくてジムに通っているのです。

 

「かっこよくスーツを着こなす自分」や、

「割れた腹筋でビーチに行く自分」

を想像して頑張るのではないでしょうか?

 

トレーニングの末に手に入れた、

スリムな体型やマッチョな肉体が「ベネフィット」になります。

 

Aさんは、ジムで運動する権利を買ったのではなく、

「ナイスボディ」を買ったのです。

 

ちなみにベネフィットは、

それぞれ求める価値が違うため、

人によって変わります。

 

「ゴリゴリのマッチョになりたいBさん」と、

「スリムなモデル体型を目指しているCさん」では、

求めるものが違いますよね?

ここも重要なので覚えておいてください。

 

ゴリゴリマッチョ = Bさんのベネフイット

スリム体型 = Cさんのベネフィット

です。

メリットとの違いは?

ベネフィットと似たような意味で、

メリットという言葉があります。

 

二つの意味の違いは

ベネフィット=「お客様が求める価値・効果」

メリット=「その商品が持つ特徴・利点」

です。

 

前述したAさんの例で言えば、

「屋内のジムなので、天候に関係なくトレーニングできます!」

「モニター付きマシンで、テレビを見ながらランニング!」

といった特徴があれば、それはジムのメリットですね。

 

まとめ

メリットとベネフィットの違い、

ここまで読んで頂けたならご理解いただけたと思います。

 

何度も言いますがお客様が商品を買う理由はベネフィットです。

 

痩せたい人に、30種類のプロテインの栄養を説明しても売れません。

二の腕を鍛えたい人に、エアロビクスをすすめても食いつく可能性は低いです。

 

重要なのはベネフィット。

お客様が求める価値を見つけ出し、

あなたのビジネスに活かしてください。

 

参考になれば幸いです。

スポンサーリンク