4P分析とは?|超簡単マーケティングの基礎

こんにちは!カガタクです。

 

マーケティングの基本的な戦略に4P分析というものがあります。

この理論は1960年代に提唱されましたが、

今でもマーケティングを分析するための基本的な枠組みとして

耳にすることもあると思います。

 

今回はこの「4P分析」についてのお話です。

 

4Pとは何か?

4Pとは、企業側がコントロール可能で、

販売に影響を与える4つの要因のことです。

 

4P

Product (商品・サービス) - これを提供することで、顧客に価値がもたらされる。売り物。

Promotion (広告・販促) - 商品・サービスの価値を顧客に伝える方法。売り方。

Place (販路・チャネル) - 顧客に価値を届ける経路。売り場。

Price (価格) - 会社に価値の対価がもたらされる。売り値。

 

頭文字が全て「P」なので、

それをまとめて「4P」と表現します。

 

情報の伝え方や売り方が多様化している現代だからこそ、

「見える化」した情報の整理が必要ですね。

 

少しでも参考になれば幸いです。

 

スポンサーリンク